10.12
Thursday
2006

下手な嘘をつかなきゃいいのにな、とか思う。
普通に考えりゃおかしいって思うようないいわけするよりも、
ただシンプルに本当のことを言えばいいのに。
それがその人の優しさのカタチだと
思っていた時もあったのだけれど、
愛していたのだけれど、
今ではかっこわるいなあ、と苦笑する。
キモチは日を追うごとに離れていく。
まあそんなもんだ。
さよーなーらさよーなら♪